1 ネイティブスピーカーの教員による多彩なプログラム

「コミュニケーション英語」や「マルチメディアイングリッシュ (MME)」の授業、夏季英語集中講座など、英語をとことん学ぶ3年間。ホームルームの副担任もネイティブスピーカーの先生なので英語が日常的に身につきます。

2 クラス全員が1年間の留学を経て3年間で卒業

クラス全員がオーストラリア、ニュージーランド、カナダのいずれかに1年間留学し、3年間で卒業。海外での留学生活を経験することで英語力が向上するだけでなく人間としてたくましく成長します。

3 国内の国際系・外国語系大学や海外の大学に進学

LEコースは英検準1級レベルの英語力養成が最終目標。数多くの指定校推薦枠により、国内の国際系大学はもちろん、海外大学への進学という道も広がります。1年間の留学後の特別講座で受験対策も万全。

留学前の夏季英語集中講座(4日間)

入学から12月まで、留学準備として必要なコミュニケーション力や英語力の習得のため集中講座や合宿などにも取り組みます。

1年間の留学で確かな英語力と豊かな人間性を育む

1年生の1月に出発し、2年生の12月に帰国。留学中はホストファミリー宅にホームステイし、家族の一員として過ごします。

留学後の特別プログラムで大学受験に備える

学後は大学進学もしっかりサポート。ブリティッシュヒルズ(英語宿泊研修施設)での研修はLEコースならでは。

留学経験を生かして大学受験に備える

一人ひとりの進路に応じた受験指導を行います。各種資格試験や小論文のサポートがあり、大学への推薦枠も準備されています。

時間割例(1年生・2017年度)

カリキュラムの特色 1

1年間の留学を経て3年間で卒業

充分な事前指導の後、1年生の1月から2年生の12月までの1年間海外の学校で学びます。 帰国後に30単位が一括で与えられるので、次の学年へ進級し、3年間で卒業することができます。 帰国後は英語以外の科目(World Topics、宗教など)も英語で行うイマージョンプログラムなど準備され、大学受験のサポートも万全です。

カリキュラムの特色 2

留学前後の安心サポート体制

留学する前から帰ってきた後まで、トータルにサポート。身につけた英語力を活かした大学進学をめざします。

同じ目標をもつ仲間と絆を深める学校行事

LEコースは3年間同じメンバーで持ち上がりますが、1年の留学期間がある分、同じクラスの仲間と楽しく過ごす学校行事には特に熱が入ります。合唱コンクールでは英語の曲を歌うなど独自のアレンジも加わります。

TOPICS
Let's go abroad to study !
留学経験で、ワタシの世界が広がる

隔年で1月に行われる9泊10日の研修旅行です。フィリピンのマニラ近郊にある姉妹校 St.Paul College,Pasig校に通う生徒の家庭にホームステイしながら文化交流を行います。 スラム街にある病院や学校、高齢者施設を訪問し、アジアの貧困の現実を目の当たりにしながらボランティア体験をします。
少数部族のアエタ山岳民族の村にも民泊し、村人や小学校の子どもたちとも触れ合います。

オーストラリア留学
やりたいことに、どんどんチャレンジしよう!

留学中はとにかく一日でも早く英語を話せるようになろうと、学校ではもちろん、休日も散歩しながら街の人に積極的に話しかけていました。 文化や価値観の違いに最初は戸惑いましたが、クラスメイトともすぐ仲良くなり、お互いの考えに対する理解が深まるプロセスを経験できたことは貴重です。 ホストファミリーとは今でもSNSで連絡を取り合っていますよ。

クラスメイトとの集合写真。みんな明るくてすぐに馴染めました。
帰国する際にクラスメイトや先生がお別れ会を開いてくれました。
友達のハダサと一緒に。今でもSNSで連絡しています。
最高学年だけがもらえるユニフォーム。
帰国時にクラスメイトからもらった寄せ書き
カナダ留学
言葉と心で繋がる大切さ人間的にも大きく成長

初めのうちは、ホストファミリーとのコミュニケーションに苦労しました。 すれ違うのは、自分の気持ちをきちんと伝えていないからだと気づき、「してほしいこと」「してほしくないこと」を言葉で表すように心がけました。 すると徐々に通じ合うようになり頑張ってよかったと心から思いました。 相談に乗ってくれた現地の留学コーディネーターに感謝しています。 英語力だけでなく、人間的にも大きく成長できた1年でした。

リーダーシップクラスの仲間がサプライズパーティを開いてくれました!
ホストシスターのケイトリンと一緒に。
ホストファミリーの所有する馬 Ms.ダイに乗りました。
思い出がぎっしりつまったアルバムや
手紙は一緒の宝物です。