未来へとつながる「学力」

1夢や目標に合わせた習熟度別クラスで確実に学力を定着

英語は1年生から、数学は2年生から、それぞれの理解度に合わせたグレード制「習熟度別クラス」を採用。 自分に合ったレベルとペースで焦らずじっくり学ぶことで、知識がしっかりと身につき、着実な学力アップへとつながります。

2週5日間、7時間授業国公立中学校より豊富な授業数を確保

2018年度より週5日×7時間(45分)授業がスタート。文部科学省の定める基準を上回る授業数を確保しています。教員は中・高の指導を兼任。6年間の一貫指導が可能です。長期休み中には課外講習も実施しています。

3新・大学入試対応論理的な思考を育てる「ロジカルタイム」スタート!

課題の発見と解決のために、主体的・協働的に学ぶ「ロジカルタイム」がスタートしました。週1回、授業の一環として全学年の生徒が対象。2020年からスタートする新しい大学入試制度を見据えて、主に国語と数学における思考力・判断力・表現力を身につけるための新しい取り組みです。

探究心を育てる授業で生徒の"学びたい"に応えます。

文部科学省の基準を上回る授業数で主要5教科の指導を強化。生徒の目標に応じた課外講習も実施しています。


仙台白百合学園伝統の漢字10分テスト。

中1から高3まで、年10回程度開催。くり返し練習することで確実に定着させます。社会に出てからも役立っている!という卒業生の声も多数。年1回「漢字コンクール」も開催されています。