Skip to Content

中学校

仙台白百合学園が大切にしていること。
それは、人の言葉に耳をかたむけ、相手のことを考えて行動できる人になるための「心の教育」です。
勉強だけにかたよることなく、感謝の心を忘れない、豊かに生きるチカラを育んでいます。

物事を深く考える大切さに気づく


自分と、そして他者と向き合う時間が、仙台白百合学園にはたくさん用意されていま す。例えば「宗教」の授業。入学して初めて宗教にふれる生徒がほとんどですが、宗教の意味や、物事を深く考えることの大切さを学んでいます。

自然や世界とのつながりを感じる


総合的な学習の時間「SPタイム」では、森づくりや農業を体験する「自然教室」、他国の文化を知る「グローバルデイ」など、さまざまなプログラムを予定しています。調べ、考え、体験することで自分と世界とのつながりを感じることができます。

「自分にできること」を考え行動する人へ


仙台白百合学園では、貧困に苦しむシエラレオネの子どもたちへの募金活動を20年以上続けています。さらに、災害発生時の支援募金、絵本読みきかせなど、「自分にできること」を考え、行動する力を日々身につけています。