日豪米平和教育プログラム

更新

「日米豪平和教育プログラム」とは

オーストラリアの海洋博物館(The Australian National Maritime Museum)と

ニューサウスウェールズ州の教育省が主催しています。

オーストラリア、アメリカ、日本の高校生が、アジア・太平洋戦争について共同研究を行い、

平和の尊さに対する理解を深め、 世界に発信する、国境を越えたプロジェクトです。 

オーストラリア海洋博物館のHPにプロジェクトの紹介が掲載されています。

↓12月8日(金)12:00~ youtube にてライブ配信されました!↓

DSC_1544.JPG

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ 

日米豪平和教育プロジェクトは、現在、そして未来の平和のために、

私たち若い世代が思いを共有し、国境を越えた友情を確認するものです。

クラス(LEコース)の半分以上の人が参加し、 戦争について学び、

平和の大切さを再確認してきました。

インタビューやリサーチを経て学んだことをみんなで協力してまとめ、

世界に発信するビデオをつくりました。

みんなが与えてくれたチャンスをしっかり生かし、

日本人として学んできた戦争や平和に対する思いを伝え、

また、ハワイで学んだことを皆さんににシェアします!

~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ ☆ ~ 

プログラム日程はこちら(PDF)


☆現地からの報告☆

【DAY1】

ハワイ平和プログラムの1日目の報告をさせて頂きます。昨晩、千歳空港を出発し6時間のフライトを経て、無事にハワイに到着いたしました。飛行機からは、綺麗な朝焼けを望むことができました。 現地には1時間ほど早く到着をし、4時間他の生徒の到着を待っていました。 その後ショッピングやお食事をしてフライトの疲れを癒しました。 ハワイの気温はとても12月だと思えないほど暖かく、とても居心地がいいです。 今日はとても長い1日でした。 明日はUSSミズーリ号の博物館とビショップミュージアムという民族博物館を見学します。 

【DAY2】