仙台白百合学園 中学・高等学校

仙台白百合学園中学校・高等学校

藤井千春先生(早稲田大学教授)による講演会のご案内

更新

 

SDGsの学び~子どもたちに育まれる「資質・能力」~』

≪藤井千春先生(早稲田大学教授)による講演会のご案内≫

 

残暑の候、益々ご健勝のことと拝察申し上げます。
さて、2020年に小学校、2021年に中学校で実施される新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」の充実を目指した授業がポイントとなり、特に教科の学び(認知能力の養成)を育む器の形成(学びのエンジンの充実=非認知能力の養成)は重要事項となっています。そのため*SDGを中心とした探究活動を伴う学びが、多くの場面で取り入れられます。もちろんこの様な教育改革は、大学入試改革を伴いながら先行して高校でも行われており、2020年には大学入試センター試験が廃止され、思考力・判断力・表現力を問う「大学入学共通テスト」が始まり、推薦入試やAO入試の改善が進み、「多面的・総合的に評価・判定する大学入学者選抜」へと転換されます。

仙台白百合学園では、昨今の教育変化をいち早くとらえ、2015年に文部科学省のスーパーグローバルハイスクール(SGH)事業を導入し、国内外での探究活動を通じて学びのエンジンの形成を促し、認知能力と非認知能力を相互にバランス良く養成しながら、進学の実績を築いてきました。特にこの様な教育変化・改革に伴う視点の形成には、有識者の助言は欠かせません。

そこで今回、SGH事業の本校の運営顧問である藤井千春先生を招き、SDGsの学び~子どもたちに育まれる「資質・能力」~』と題し、講演会を企画しました。なぜ今探究活動が必要なのか、探究活動が児童・生徒の成長に如何に関わっているのか、また、将来の大学進学に必要な資質や能力が、探究活動によってどの様に形成されるのかを学びたいと思います。また当日は、探究活動の実践事例も併せてご紹介致します。これからの教育に興味ある方は、どなたでもご参加頂けます。参加費は無料です。
※SDGs :2015年9月の国連サミットで全会一致で採択された、国際社会全体における持続可能な17の目標のこと。

仙台白百合学園中学・高等学校

校長 藤田 正紀

 

■日時:2019年9月7日(土)14:00~15:30

■場所:仙台白百合学園中学・高等学校 1F 視聴覚室

■内容:・藤井千春先生の講演『SDGsの学び~子どもたちに育まれる「資質・能力」~』

     ・仙台白百合学園中高の総合学習・総合探究・SGHの取組と学びのエンジンの形成、

     これからの進学に必要な資質・能力の形成と、これまでの結果等について

    ・高校Ⅱ年生によるSGH探究活動の発表

◆会費:無料

お申し込みは


藤井千春先生「教育講演会」の申込みはこちらから

チラシはこちらから

☎ 022-777-5777(仙台白百合学園(代表))まで